STM32CubeMX

量産中

STM32Cube initialization code generator

ソフトウェア入手 データブリーフのダウンロード
概要
サンプル & 購入
ソリューション
ドキュメント
ツール & ソフトウェア
品質 & 信頼性
eDesignSuite
はじめる
Partner products
Sales Briefcase

製品概要

概要

STM32CubeMXは、STMCubeTMベースの初期化コード自動生成ツールで、開発の工数や時間、コストの削減に貢献し、開発を簡略化します。STM32CubeはSTM32ポートフォリオのすべてに対応します。 STM32Cubeには、グラフィカル・ウィザードを使用してC言語による初期化コードを生成できるSTM32CubeMXコンソールが含まれています。
さらに、STM32マイクロコントローラのシリーズごとに提供される、STM32Cubeソフトウェアパッケージも組み込まれています(例えばSTM32F4シリーズ向けのSTM32CubeF4)。これらのパッケージには、STM32Cube HAL(STM32製品間で移植性を確保するハードウェア抽象化レイヤ)、STM32Cube LL(高速で軽量なロー・レベル・レイヤを構成するAPI)、RTOS、USB、TCP/IP、グラフィックスなどのミドルウェア・コンポーネントが含まれます。組込みソフトウェア・ユーティリティにはすべて、フルセットのサンプル・コードが付属しています。

STM32CubeMXは、STM32マイクロコントローラの設定を簡略化し、対応する初期化用Cコードを段階を追って生成できるグラフィカル・ツールです。
まず、必要なペリフェラルのセットに適したSTM32マイクロコントローラを選択します。
次に自動競合解決機能を搭載したピン配置ウィザード、設定の動的検証を行うクロックツリー・ウィザード、消費電力計算ツール、充実したマイコン・ペリフェラル(GPIO、USART、など)およびミドルウェア・スタック(USB、TCP/IP、など)の構成を行うユーティリティを使用して、必要な組込みソフトウェアを設定する必要があります。
最後に、選択した設定に基づく初期化用Cコードを生成します。このコードは複数の統合開発環境でそのまま使用できます。ユーザ・コードは、次回のコード生成でも保持されます。
  • 特徴

    • 直観的なSTM32マイクロコントローラの選択
    • マイクロコントローラのグラフィカルな設定
      • Pinout with automatic conflict resolution
      • Clock tree with dynamic validation of configuration
      • Peripherals and middleware functional modes and initialization with dynamic validation of parameter constraints
      • Power sequence with estimate of consumption results
    • STM32マイクロコントローラの初期化をサポートするIAR™、Keil®およびGCCコンパイラに準拠したCコード・プロジェクトの生成
    • Windows®、Linux®、macOS®(米国その他の国におけるApple Inc.の登録商標)オペレーティング・システムで動作するスタンドアロン・ソフトウェアまたはEcliplseプラグインとして提供
    • Development of enhanced STM32Cube Expansion Packages thanks to STM32PackCreator
    • Integration of STM32Cube Expansion packages into the project
    • Availability as standalone software running on Windows®, Linux® and macOS® (macOS® is a trademark of Apple Inc. registered in the U.S. and other countries.) operating systems and 64-bit Java Runtime environment

ソフトウェア入手