MySTに保存

ワイヤレス・コネクティビティ

概要
ドキュメント
ツール & ソフトウェア
ソリューション
あらゆるネットワークは、その性質や目的にかかわらず、所定の規格に準拠し、一定の通信範囲やビットあたりの電力、帯域幅の要件に応じて最適化された無線通信技術により実現されています。ワイヤレス・センサ・ネットワーク、より広くはIoTの重要性が高まるとともに、あらゆる電子システムがワイヤレス・コネクティビティを必要としています。
STの製品には、多様なRFトランシーバやネットワーク・プロセッサIC、完全認証済みモジュールが含まれており、6LowPan、ワイヤレスM-Bus(wM-Bus)、SigFox、LoRaWAN、Bluetooth Smart®、LTEカテゴリ1、ナローバンドIoT(NB-IoT)のようなSub-GHz遠距離ネットワークなどの主要な無線通信技術に対応しています。

802.15.4 OpenThread

IEEE 802.15.4は、IEEE 802.15ワーキング・グループによって規定されている技術規格です。この規格では、低速無線パーソナル・エリア・ネットワーク(LR-WPAN)の物理層およびメディア・アクセス制御(MAC)の仕様が定められています。そのため、ZigBeeやThreadのようなプロトコルの基盤となる汎用の標準MAC層が提供され、それに応じてスタックの上位層が規定されます。OpenThreadはThread®規格のオープンソース実装であり、幅広く支持を得ている無線規格IEEE 8
詳細はこちら

Bluetooth Low Energy

Bluetooth無線通信技術は、Bluetooth Special Interest Group(SIG)のIEEE 802.15規格に基づいています。SIGはBluetoothの仕様策定と更新を担うとともに、認証プログラムを用いて商標を保護しています。STマイクロエレクトロニクスは、Bluetooth SIGのメンバー企業です。Bluetoothは、免許の不要な2.4GHz~2.485GHzのISMバンドを使用しています。AFH(Adaptive Frequency Hopping)などの手
詳細はこちら

GNSS / GPS

全地球航法衛星システム(GNSS)による資産、商品、車両や、人間、動物の位置特定によって、ナビゲーション補助のみならず移送管理や商品追跡、通行料金徴収、盗難防止、人およびペットの位置追跡といった多様なサービスが実現しています。一群の衛星を基盤として展開しているグローバル衛星ナビゲーション・システムの種類は多くはありません。。その例としては、グローバル・ポジショニング・システム(GPS)やヨーロッパのGalileo、ロシアのGLONASS、日本のQZSS、中国のBeiDou(BDS)があります。
詳細はこちら

ISM無線Sub-GHz

産業科学医療用(ISM)周波数帯のうち、免許不要となる1GHz以下の帯域は、産業プロセス管理や住宅・ビル自動化、自動検針といったアプリケーションの無線通信ネットワークを実装するために、広く利用されています。 この帯域では、物理層の特性(送信電力、変調方式、データレート、チャネル幅)やネットワーク・トポロジ(スター型またはメッシュ型)を自由に選択することができます。また、独自仕様のプロトコルも利用可能です。そのため、大規模な産業プロセス管理ネットワークにおいて数千ものノードをリアルタイムに監視およ
詳細はこちら

LoRa

LoRa®は、M2MおよびIoTアプリケーションに必要な低消費電力広域ネットワーク(LPWAN)を実現するため、LoRa Alliance®が開発および規格化を行ったワイヤレス通信テクノロジーです。
詳細はこちら

LTE: Cat M1 & NBIoT

狭帯域IoT(NB-IoTまたはLTE Cat NB1)は、セルラー通信帯域を使用してさまざまなデバイスやサービスを接続できるようにするために開発された、低消費電力広域ネットワーク(LPWAN)無線技術規格です。3rd Generation Partnership Project(3GPP)により規格化されているさまざまなモバイルIoT(MIoT)接続技術の1つで、特にIoTやM2M通信向けに設計された拡張マシンタイプ・コミュニケーション(eMTC または LTE Cat M1)、およびEC-G
詳細はこちら

NFC / RFID

近距離無線通信(NFC)は、短距離ワイヤレス通信によって、電子機器間の双方向通信を実現するための技術です。RFID(Radio-Frequency Identification)の一種であるNFCは、ISO/IEC 14443やISO/IEC 15693といった固有の規格をもち、NFC対応機器の相互運用性が保証されています。 NFCは2つのデバイス間の誘導結合を利用し、13.56MHzで動作します。NFCデバイスは他のNFCデバイスが生成するRFフィールドから電力を受け取ることができ、バッテリや
詳細はこちら

Sigfox

Sigfoxによる無線接続では、産業科学医療用(ISM)無線周波数帯に含まれる868MHz(ヨーロッパ)と902MHz(米国)周波数を用いた独自の技術を利用します。Sigfoxが超狭帯域変調を用いて実現する低消費電力広域ネットワーク(LPWAN)通信では、信号が固体を支障なく通過するため、わずかな電力で広範囲に届きます。このネットワークは1ホップのスター型トポロジをベースにしており、生成されたトラフィックを伝送するモバイル・オペレータを必要とします。これにより、極めて低い電力消費での長距離通信が
詳細はこちら

WM-BUS

ワイヤレスM-Bus(ワイヤレス・メータ・バス)は、電力効率の非常に高いスマート・メータリング・アプリケーションやAMI(Advanced Metering Infrastructure)アプリケーションのために開発されたオープン規格です。ヨーロッパ各国で急速に普及し、電気やガス、水道、熱のメータリングに使われています。 ワイヤレスM-Busネットワーク(wM-Bus)は、EN 13757規格に定められている、マスタ機器とスレーブ機器から成るスター型トポロジに基づいています。この規格にはS、T、
詳細はこちら

ZigBee

ZigBee®は、IEEE 802.15.4をベースにZigbee Allianceによって開発された無線通信プロトコルです。低消費電力や優れた信頼性と相互運用性を特徴とし、ノイズの多いRF環境において高いイミュニティを示します。ZigBee PRO認証は、スマート・オブジェクトの相互運用性を実現することで、さまざまなベンダのIoT機器が連携できるようにします。 STは、ZigBee AllianceおよびZigBee Alliance Member Group China(ZMGC)の理事会メ
詳細はこちら