MySTに保存

産業システム向け通信ソリューション

概要
ドキュメント
ツール & ソフトウェア
ソリューション
製造スケジュールやリソースが頻繁かつ動的に変更される今日の世界では、最適なプランニングと柔軟性の確保が重要です。フロー時間の短縮や臨機応変な対応を促すには、工場内の各機械、すべてのセンサやアクチュエータをリアルタイムで工場のプロセス制御に接続し、また外部のサプライチェーンやクラウドにも接続する必要があります。そこで、最下層のセンサやアクチュエータにまで至るリアルタイム通信が、Industry 4.0構想を実現する鍵となります。STは、最も広く採用されている規格(CAN、RS-232、RS-485)やIO-Link(マスタおよびデバイス)などのフィールドバスに基づく有線通信を可能にする幅広いインタフェースICを提供しています。また、Bluetooth®、Sub-GHz、LoRa、NFC、RFIDに基づくワイヤレス通信ソリューション、およびソフトウェア・サポート付きの32bitマイクロコントローラSTM32と必要なすべてのペリフェラル(UART、CAN、イーサネットなど)を提供しています。

IO-Linkゲートウェイ

IO-Link通信ネットワーク(IEC 61131-9)は、アクチュエータおよびセンサ・レベルにまで至る双方向のポイント・ツー・ポイント・データ通信に使用することにより、データの前処理、センサ・パラメータの調整、および高度な診断を可能にし、Industry 4.0への道を開きます。 STは、IO-Linkトランシーバ、STM32マイクロコントローラ、プロテクション・デバイスなどの幅広いソリューションを提供して、静電放電(ESD)、バースト、およびサージ耐性に関するIEC 6100の要件への適合を
詳細はこちら

フィールドバス & 産業用イーサネット

ファクトリ・オートメーションでは、データ通信が不可欠です。特にIndustry 4.0のコンセプトの普及が進む中、その必要性はますます高まっています。従来のCAN(Modbus、CANopen)、RS-485(PROFIBUS、CC-Link、Modbus)、新しいCAN FD、リアルタイム・イーサネットなど、専用に開発されたフィールドバスをサポートするため、多くの規格が採用されています。さまざまなペリフェラルを持つSTの高性能32bitマイクロコントローラSTM32を提供し、外部トランシーバの
詳細はこちら

ワイヤレス / 非接触通信(RFID / NFC)

ファクトリ・オートメーション、とりわけIndustry 4.0の枠組みでは、より高度な接続性、柔軟性、設定の自由度、サービス性が求められています。これらの分野では、NFC技術の活用が、大幅な機能拡張に役立ちます。STは、NFC/RFIDタグIC、ダイナミックNFCタグIC、NFC/RFIDリーダライタIC、包括的な開発エコシステムなど、幅広いNFCソリューションを提供しています。
詳細はこちら

産業用ゲートウェイ

Industry 4.0におけるデジタル化の進展に伴い、産業用ゲートウェイは重要な役割を担っています。産業用ゲートウェイは、複数の有線 / 無線センサ・ノードからデータを収集し、クラウド・アプリケーションや状態モニタリング・システムに送信してデータ分析を実現します。また、さまざまなネットワーク・テクノロジー間のブリッジとして、各種センサをインターネットに直接接続させるだけでなく、エッジ・プロセッシングによりルール・ベースの分析を行い、システムの消費電力およびネットワーク帯域幅の削減に貢献します。
詳細はこちら