CATEGORIES

パワー・トランジスタ Minimize menu

650V HB2シリーズ: 高速(16kHz~60kHz) 

概要
製品セレクタ
ソリューション
ドキュメント
CADリソース
ツール & ソフトウェア
eDesignSuite

650V IGBT HB2シリーズは、トレンチ・フィールドストップ(TFS)テクノロジーに基づき、16kHz~60kHzのスイッチング周波数で動作するアプリケーション用に最適化されています。650V IGBT HB2シリーズは、STPOWERファミリの製品です。 

従来のHBシリーズに比べて飽和電圧(Typ.: 1.55V)と総ゲート電荷量が少なく、ゲート抵抗が小さい場合でもターンオフ時のオーバーシュート電圧を最小限に抑え、ターンオフ電力を低減します。そのため、溶接機やPFCコンバータ、無停電電源装置(UPS)、太陽電池パネルのインバータ、およびDCチャージャなどに最適な製品です。また、広い電流範囲(15A~100A)に対応し、3種類のダイオード・オプション(保護ダイオード / 半定格ダイオード / 全定格ダイオード)に加え、幅広いパワー・パッケージ(D2PAK / TO-220 / TO-220FP / TO247-4ロング・リード / TO-247 4L)を取り揃えています。 

650V IGBT HB2シリーズに、TO247 4リード・パッケージで提供される50A / 70A / 100A対応の3製品が新たに追加されました。卓越したHB2シリーズがもたらすメリットに加え、ケルビン・ピンのドライブ機能により、スイッチング性能が向上しています。新しいTO247 4リード・パッケージは、ターンオン・スイッチング・エネルギーを大幅に低減することにより、太陽電池パネルのインバータやUPSでシステム全体の効率向上に貢献します。

STは、単相PFCやトポロジ・アプリケーションの強化およびコレクタ端子からエミッタ端子への逆方向の過電圧防止のために、TO-247ロング・リード・パッケージに保護ダイオードを内蔵した20A~50Aの専用製品をHP2サブシリーズとして提供しています。

STのSTPOWER IGBTの主な特徴

  • きわめて低いVCE(sat)(1.55V typ.)
  • 低いQG
  • 高い堅牢性と信頼性
  • 最大動作温度175°C (TJ

STの幅広いSTPOWER製品ポートフォリオは、最先端のパッケージと保護を兼ね備えることで高い信頼性と安全性を実現しています。これにより、設計者は、長寿命かつ高効率のカスタマイズされたアプリケーション開発をサポートます。

推奨コンテンツ