SL-PREDMNT-S2C

量産中

振動 / 超音波 / 環境センサとWi-Fi / セルラー通信によるクラウド接続を組み合わせた状態モニタリング / 予知保全向けソリューション

クイックビュー
ソリューション評価キット
コア製品
ドキュメント
ツール & ソフトウェア

ソリューション概要

STは、振動 / 超音波 / 環境データを収集するスマート・センサ、およびWi-Fi / セルラー通信によるクラウド・サービスへの接続を組み合わせた状態モニタリング / 予知保全向けソリューションを提供しています。

重要な振動データは、6kHzの広い帯域幅を持つ振動センサ「IIS3DWB」によって収集された3軸加速度データ、およびアナログMEMSマイクロフォン「IMP23ABSU」によって収集された最高80kHzの超音波データを組み合わせて、STM32L4+マイクロコントローラ(マイコン)上でローカルに処理されます。これにより、FFT、RMS、およびピーク加速度などの周波数および時間領域解析を行うことができます。また、大気圧センサ「LPS22HH」および温湿度センサ「HTS221」も搭載されているため、大気圧 / 温湿度といった環境データも収集されます。

マイコンとセンサの消費電力がきわめて低いため、バッテリ・チャージャIC「STBC02」で充電できる小型かつバッテリ駆動のIoT機器開発に貢献します。

STM32L4+マイコンは、Inventek ISM43362.M3G-L44といった追加のWi-Fiモジュール、またはQuectel BG96(プラスチック製マイクロSIM / 3FF SIMとのLTE Cat M1およびNB-IoT接続対応)などのセルラー・モデムを介したワイヤレス・データ伝送に対応しています。

STは、センサのプロビジョニングや、データのプロット、およびエンド・ツー・エンド・ソリューションにおけるトリガ設定向けに、AWS IoT Coreおよびその他のAWSサービスをベースにした予知保全ダッシュボード・アプリケーションを提供しています。

 

 

 

 

 

 

  • 搭載製品の特徴

    STM32L4R9ZI: 超低消費電力マイコンと高速EEPROM

    Arm Cortex-M4をベースにしたSTM32L4R9ZIは、単精度浮動小数点ユニット(FPU)、デジタル信号処理(DSP)、およびメモリ保護ユニット(MPU)を備えた超低消費電力マイコンです。最大ODRでの高速センサ・データ・ストリーミングが可能で、2MBの内蔵Flashメモリにより、あらゆる異常検出に対応した機械学習アルゴリズムのホストが可能です。

    IIS3DWB: 超広帯域3軸デジタル振動センサ

    IIS3DWBは、超広帯域(最高6kHz)および低ノイズの3軸デジタル振動センサです。性能とコストの双方において、最高6kHzまでの振動分析アプリケーションに最適な製品です。

    LPS22HB / HTS221: 高精度環境センサ

    LP22HHデジタル大気圧センサおよびHTS221デジタル温湿度センサは、包括的な状態モニタリングの実現に必要なデータ収集を行います。

     

    IMP23ABSU: 広帯域アナログMEMSマイクロフォン

    IMP23ABSUは、最高80kHzの広帯域アナログMEMSマイクロフォンです。超音波周波数範囲に対応する振動データの収集および解析を可能にします。