耐放射線性アナログIC

概要
製品セレクタ
ソリューション
ドキュメント
CADリソース
ツール & ソフトウェア
eDesignSuite

主要なニーズに対応するQML-V認定済み耐放射線アナログIC

STの幅広いQML-V認定済み耐放射線性アナログICは、遠隔測定、計測機器、画像処理アプリケーション向けのA/Dコンバータ(ADC)およびD/Aコンバータ(DAC)に対応しています。STの製品ポートフォリオには、放射線耐性の高いオペアンプや、最大1GHzの高速差動アンプ、シャント・ボルテージ・リファレンス、およびコンパレータが含まれており、シグナル・コンディショニング、リファレンシング、データ変換に対する包括的なソリューションを提供します。

放射線耐性の設計強化

速度、消費電力、精度のバランスが最適化されたSTの耐放射線性アナログICは、ST独自の放射線対応CMOSおよびBiCMOS(SiGe)テクノロジーを活用し、放射線耐性を強化した航空宇宙アプリケーション向けソリューションを実現します。

最新の製品は、130nm CMOSまたはBiCMOSテクノロジーを用いて開発されており、 吸収線量(全製品で100 krad(Si)または300krad(Si))およびシングル・イベント効果(SEE)において、きわめて高い放射線耐性を備えています。また、シングル・イベント・ラッチアップ(SEL)が最大120MeV.cm2/mgに達する製品も含まれており、優れた性能を提供します。

充実したエコシステム

STの耐放射線性アナログICは、放射線テスト・レポート、PSpice / IBISモデル、アプリケーション・ノート、および評価ボード(オンラインまたはご要望に応じて提供)を含む充実した開発エコシステムによりサポートされています。STの耐放射線性アナログICは、すべての製品がレンヌ(フランス)工場で製造されています。また、密封セラミック・パッケージで提供され、QML-V認定を受けています。

推奨コンテンツ